MENU

【編集部厳選】竹橋駅 × 史跡のおすすめスポット7選!

目次

江戸城跡

江戸城跡は、東京都千代田区にある史跡であり、日本のランドマークでもあります。江戸時代に徳川家康が入城して以降、徳川家の居城となり、幕府の政庁としても使用されました。現在は国の特別史跡に指定されており、吹上庭園が御所、旧江戸城西ノ丸が宮殿の敷地として利用されています。また、江戸城は扇谷上杉氏の家臣太田道灌が築城し、徳川氏によって改修され、日本最大の面積を誇る城郭となりました。明治時代には、首都機能が京都から大坂へと遷都する案が浮上しましたが、前島密らが反対し、東京への遷都が確定しました。

【公式サイト】http://sankan.kunaicho.go.jp/
【住所】東京都千代田区千代田1-1
【電話】03-3213-1111

田安門

田安門は、東京都千代田区にある史跡で、北の丸公園内に位置しています。このスポットでは、日本的な雰囲気を感じる門と桜のコントラストが美しい写真を撮ることができます。また、門の横にある社も穴場スポットとしておすすめです。周辺には武道館やトイレ、売店もあり、休憩にも最適です。

【住所】2-5 北の丸公園 千代田区 東京都 日本

皇居

皇居は、東京都千代田区にある公園、城、宮殿、史跡の複合施設です。東京のシンボルとして知られ、パワースポットとしても人気があります。周辺には美味しいレストランも多く、食後の散歩にも最適です。また、夜の散歩やランニング、お花見も楽しめます。歴史的な価値も高く、昭和8年には勲さんが釈放された際に宮城前や明治神宮へのお礼の参拝をしたことでも知られています。

【公式サイト】http://sankan.kunaicho.go.jp/
【住所】東京都千代田区千代田1-1
【電話】03-3213-1111

坂下門

東京都千代田区にある坂下門は、史跡としてもランドマークとしても知られる場所です。江戸城氏の名残を残す門の中でも、特に興味深いのが、1862年に起こった「坂下門外の変」の現場となった坂下門です。明治時代以降は、皇居の重要な入口として使われ、宮内庁の出入口としても利用されています。ただし、警備が厳重なため、立ち入りはできません。口コミによると、現在も多くの門が現存しているようです。

【公式サイト】http://www.kunaicho.go.jp/about/shisetsu/kokyo/kokyo-map.html
【住所】東京都千代田区千代田1

電話交換創始之地

「電話交換創始之地」は、東京都千代田区丸の内にある史跡です。1890年に公布された「電話交換規則」により、東京と横浜に電話交換局が設置され、東京市内及び横浜と東京間で電話交換が開始されました。当時、横浜電話交換局は4名が電話交換に対応し、東京市の加入者は155人、横浜市の加入者は42人で、電話所(公衆電話)数16でした。市内通話の料金は年間45円の定額制でした。この場所は、日本の電話交換の歴史において重要な役割を果たした場所であり、多くの人々にとって興味深いスポットとなっています。

【住所】東京都千代田区丸の内1丁目4

道三橋跡

「道三橋跡」は、東京都千代田区大手町にある史跡で、江戸時代に造られた人工の水路「道三堀」の一部である「道三橋」が架かっていた場所です。徳川家康の命によって開削され、江戸城から江戸湊まで続く運河として使用されました。南岸には幕府の侍医、曲直瀬家の屋敷があり、道三堀と呼ばれました。1909年に埋め立てられ、現在は道路として利用されています。かつては道三橋や銭瓶橋などが架かっていた場所であり、歴史的な価値があるスポットです。

【住所】東京都千代田区大手町2丁目1

伝奏屋敷跡

「伝奏屋敷跡」は、東京都千代田区丸の内にある史跡です。かつては武家伝奏の宿舎として使用され、勅使・院使などが宿泊していました。隣には評定所の建物があり、江戸幕府の最高司法機関として重大事件を扱っていたとされています。現在はその跡地が公開されており、歴史的な建物や庭園を見学することができます。

【住所】東京都千代田区丸の内1丁目4

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる