MENU

【編集部厳選】霞ケ関駅 × 史跡のおすすめスポット7選!

目次

伊達政宗終焉の地

「伊達政宗終焉の地」は、東京都千代田区日比谷公園にある史跡です。戦国時代に活躍した伊達政宗は、出羽国と陸奥国の戦国大名であり、伊達氏の第17代当主でした。彼は、出羽国米沢城で生まれ、幼名は梵天丸でした。1577年に元服して伊達藤次郎政宗と名乗り、父・輝宗が命名した「政宗」という名前を受け継ぎました。彼は、仙道の三春城主・田村清顕の娘である愛姫を正室に迎え、1581年には隣接する相馬氏との合戦で初陣を飾りました。このスポットは、彼が最期を過ごした場所であり、彼の功績をたたえるために建てられたものです。

【公式サイト】https://www.city.sendai.jp/index.html
【住所】東京都千代田区日比谷公園1
【電話】03-3501-6428

坂下門

東京都千代田区にある坂下門は、史跡としてもランドマークとしても知られる場所です。江戸城氏の名残を残す門の中でも、特に興味深いのが、1862年に起こった「坂下門外の変」の現場となった坂下門です。明治時代以降は、皇居の重要な入口として使われ、宮内庁の出入口としても利用されています。ただし、警備が厳重なため、立ち入りはできません。口コミによると、現在も多くの門が現存しているようです。

【公式サイト】http://www.kunaicho.go.jp/about/shisetsu/kokyo/kokyo-map.html
【住所】東京都千代田区千代田1

法務省 旧本館

東京都千代田区霞が関にある「法務省 旧本館」は、史跡として知られる赤レンガの建物です。桜田門の警視庁前に位置し、美しい外観が目を引きます。桜とのマッチングも素敵で、春には多くの観光客が訪れます。

【公式サイト】https://www.moj.go.jp/
【住所】東京都千代田区霞が関1丁目1-1
【電話】03-3580-4111

北村透谷・島崎藤村記念碑

東京都中央区にある泰明小学校内にある北村透谷と島崎藤村を記念する石碑があります。泰明小学校は1878年に開校し、北村透谷と島崎藤村は卒業生として知られています。北村透谷は文芸評論家・詩人として活躍し、自由主義を唱え、近代浪漫主義文学の開拓者としても知られています。島崎藤村は自然主義文学の先駆として知られ、代表作に「破戒」などがあります。泰明小学校内にある石碑は、彼らの功績を讃えるものであり、歴史的な価値があります。

【住所】東京都中央区銀座5丁目1-13

浅野内匠頭終焉之地

「浅野内匠頭終焉之地」とは、東京都港区新橋にある史跡です。ここは、浅野内匠頭が吉良邸討ち入りの後、切腹した場所として知られています。虎ノ門ヒルズから徒歩5分の場所にあり、毎年早く桜が咲くことでも有名です。また、3月14日には事件の慰霊祭が行われています。

【住所】東京都港区 新橋4丁目31

銀座の象徴 柳並木の碑

東京都中央区銀座にある「銀座の象徴 柳並木の碑」は、明治時代に植樹された銀座の柳が銀座の象徴となり、昭和時代には三度の変遷を経て姿を消してしまいました。しかし、西銀座通りが東京都のシンボルロードとして改修され、柳に代わって並木が復活したことを記念して建てられた史跡です。口コミによると、銀座の歴史を感じられるスポットとして人気があるようです。

【住所】東京都中央区銀座4丁目1

明治大学発祥の地

「明治大学発祥の地」は、東京都千代田区有楽町にある史跡であり、ランドマークでもあります。この場所は、1691年に深溝松平家の上屋敷が置かれ、明治時代には民権結社による演説会などが盛んに催されました。1881年には、法律家の岸本辰雄・宮城浩蔵・矢代操が屋敷の一部を借り受け、明治法律学校を開校しました。その後、1886年には神田区駿河台南甲賀町に移転しました。この場所には、1995年に「明治大学発祥の地」碑が建立されています。口コミによると、この場所は明治大学の歴史的な起源であり、多くの人々にとって重要な場所であるとされています。

【公式サイト】https://www.meiji.ac.jp/koho/meidaikouhou/201502/p05_02.html
【住所】東京都千代田区有楽町2丁目2

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる