MENU

【編集部厳選】大手町駅 × 橋のおすすめスポット3選!

目次

竜閑さくら橋

「竜閑さくら橋」は、東京都中央区日本橋本石町にある橋です。テレビ朝日の番組「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」のロケ地としても知られています。口コミについては現在情報がありません。

【公式サイト】https://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/machizukuri/kotsu/meishoboshu.html
【住所】東京都中央区日本橋本石町4丁目1
【電話】03-5211-3617

日本橋

東京都中央区にある日本橋は、日本橋川にかかる橋です。この橋は国の重要文化財に指定されており、情緒あふれる風景が広がっています。訪れる人々は浴衣を着て記念撮影を楽しんでいます。また、雑誌「おとなの週末」の2022年10月号でも紹介されたスポットです。日本橋には興味深いエピソードもあります。例えば、麒麟象の羽は実は鱗であり、日本橋の文字を書いたのは徳川慶喜であるといった情報もあります。さらに、上をよく見ると新たな発見があるかもしれません。日本橋は東京都中央区内を流れる日本橋川に架かる橋の一つで、水系は一級水系の荒川です。水源は神田川であり、隅田川と合流しています。日本橋は徳川家康が東京に移封し、江戸幕府が開幕した際に整備されたものです。徳川家康は全国の道路網(街道)整備計画の一環として、初代の橋(木造の太鼓橋)を架け、公儀橋としました。以降、日本橋周辺は経済・運輸・文化の中心地として発展し、堀の両側には河岸が点在していました。また、日本橋は東海道を含む五街道の起点でもあります。橋の中央には日本国道路元標が設置されています。

【住所】東京都中央区日本橋

一石橋

「一石橋」は、東京都中央区日本橋本石町にある橋で、東京都道405号外濠環状線の一部として、皇居外濠と日本橋川の分岐点に架かっています。2000年に竣工されたこの橋は、日本橋川に架かる橋の中でも最も低い位置にあります。江戸時代には、北橋詰の本両替町に幕府金座御用の後藤庄三郎、南橋詰の呉服町に御用呉服商の後藤縫殿助の屋敷があり、橋が破損した際には、これらの両後藤の援助により再建されました。そのため、後藤の読みから「五斗」、「五斗+五斗で一石」ともじった洒落から「一石橋」と名付けられました。親柱は首都高速都心環状線の開通に伴い撤去され、現在は上流側に親柱2本が残るのみです。

【住所】東京都中央区日本橋本石町1丁目1-2

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる